平成25年度第2回例会開催ご案内

例会

テーマ 「(仮称)名古屋市内における定期巡回・随時対応サービスの実状」

「(仮称)実践から見えてきた定期巡回・随時対応サービスの姿」

「(仮称)日本再生人材育成支援事業等のご紹介 」
講師 名古屋市健康福祉局高齢福祉部介護保険課
居宅指定係長
高木 慶太 氏

三菱UFJリサーチ&コンサルティング
主任研究員
岩名 礼介 氏

財団法人介護労働安定センター (予定)
日時 2013年 6月20日(木)14時00分~17時00分
受付開始:13時30分
場所 伏見ライフプラザ5階 名古屋市高年大学鯱城ホール(中消防署ビル内)
内容
平成25年度第2回例会のアンケートを公表いたします。(2013/7/9)

講演①:「定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービスの概要と名古屋市の現状」について。

  • 勉強不足もありますが全くイメージがつかずよくわかりませんでした。すみません。でも講演②をお聞きし、わかってきました。

  • 講師の方の説明は分かりやすく定期巡回の意義と活用によって改善された部分が理解できた。今後いろいろな実践例をふまえ、より使いやすいサービスにつなげていけるよう情報提供をお願いします。


講演②『アンケート結果からみる「定期巡回・随時対応サービス」』について。

  • ①小規模事業所は大規模事業所と合併した方がよい。
    ②大規模の方が医療等他職種との連携がとりやすい。
    ③小規模事業所は淘汰される。(何故小規模事業所が軒並みにできたのか?)などマイナスイメージを受けた。
    ・小規模は小規模なりに良い点があると思う。小規模が経営できる体制。大規模施設で働いた人が仕事に限界を感じて小さな事業所を開設したのではないか。
    ・定期巡回に入る前に予防の時点から安心安全で自信をもって自宅で生活できるような支援が必要である。
    ・医療に特化した社会保障制度、介護保険制度には疑問を感じる。
    ・ご利用者目線はどうなのか?いずれ我が身と思うと今を良く。
    ・心体をつくるのは食べ物である食を立して薬にたよらない健康づくりをしたい。
    ・職員体制が整わないのに定期巡回は無理。

  • 講演①のあとのこの講演②を聞き、すごくイメージできました。正直言って目からウロコであります。でも現場に入るHLなりNSのスキルも高くなるとサービスがうまく展開できないのではないか?とおもいます。施設HLが全てスキルが高いと思えないですし、在宅HLでもスキルの高い人はたくさんいます。正確な情報提供をし、適切なサービスにつなげれるよう努力をしていきたいと思います。

  • 利用者側の感想(家族、本人)を具体的に示されて実施する側の使用度等の詳細等をより多く知らせてもらいたいです。


講演③「日本再生人材育成支援事業」について。

  • 理解できました。

  • 人材育成の助成金の種類が多く事業所が該当するかくわしいことは直接事務局へ問い合わせないと複雑でわかりにくい。国として利用割合等の情況を公表してほしい。


名古屋市からの情報提供について。

  • よくわかりました。


アンケートのご協力ありがとうございました。

 

日頃は、本会活動に格別のご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。

さて、下記のとおり、第2回例会を開催致しますのでご案内申し上げます。
平成24年4月、重度者を始めとした要介護高齢者の在宅生活を支えるため、
日中・夜間を通じて、訪問介護と訪問看護を一体的に又はそれぞれが密接に連携しながら、
定期巡回訪問と随時の対応を行う「定期巡回・随時対応サービス」が創設されました。

しかし、ここ名古屋地域においても、サービスや運営におけるポイントについての理解不足、
参入への障壁などの理由からか普及が進まない現状です。
そこで、平成24年度厚生労働省老人保健健康増進等事業の一環で行われた
「定期巡回・随時対応サービスと小規模多機能型居宅介護等の推進に関する調査研究結果」より
介護・看護事業者が感じている「定期巡回・随時対応サービス」のイメージと
実際とのギャップや参入ハードルの誤解、地域包括ケアにおける中核的サービスとしての可能性をテーマに
サービスの特徴と本質について、名古屋市と調査結果を取りまとめました
三菱UFJリサーチ&コンサルティングの担当者さまより解説いただきます。
ご多忙かと存じますが、多くの方々のご出席を賜りますようお願い申し上げます。

<内容>
1.日 時 : 平成25年6月20日(木) 14:00 ~ 17:00(受付13:30 ~)

2.会 場 : 伏見ライフプラザ5階 名古屋市高年大学鯱城ホール(中消防署ビル内)

名古屋市中区栄1-23-13 地下鉄伏見駅から南へ徒歩約4分
3.内 容 : (予定)
(1)14:00 ~ 「(仮称)名古屋市内における定期巡回・随時対応サービスの実状」
講 師:名古屋市健康福祉局高齢福祉部介護保険課 居宅指定係長 高木 慶太 氏
(2)14:30 ~ 「(仮称)実践から見えてきた定期巡回・随時対応サービスの姿」
講 師:三菱UFJリサーチ&コンサルティング 主任研究員 岩名 礼介 氏
(3)16:00 ~ 休憩
(4)16:10 ~ 「(仮称)日本再生人材育成支援事業等のご紹介 」
講 師:財団法人介護労働安定センター (予定)
(5)16:50 ~ 会員PR
(6)17:00 ~ 名古屋市からの情報提供、名介研事務局連絡

4.返信期限 : 必ず6月13日(木)までにご返信ください。
5.資 料 代 : 無料
お申込みについて:添付のご案内をご確認いただき、下記あてにお送りください。
名古屋市介護サービス事業者連絡研究会 事務局
(FAX:052-253-6759)(E-mail:meikaiken@ia2.itkeeper.ne.jp )
ホームページからのお申込み→ http://www.meikaiken.gr.jp(会員専用ページへのログインが必要です。)

よろしくお願いいたします。
 
  会員限定のため、ログインしてからお申込みください。

NEXT:他の例会・部会・研修情報を見る

12月
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

初めての方はまずこちらより
ご登録ください。

名古屋市介護サービス事業者自己評価入力フォーム