【拡大開催】平成29年度 施設サービス委員会『8050問題を医療・介護福祉はどう支えるか?』 開催のご案内

研修

テーマ 『8050問題を医療・介護福祉はどう支えるか?』
講師 障害基幹相談支援センター、仕事・暮らしサポートセンター、社会福祉士会、市民後見人
日時 2018年 2月6日(火)13時30分~16時30分
受付開始:13時00分
対象者 ①地域連携や退院支援などの相談援助に従事しておられる方 ②居宅介護支援の介護支援専門員、施設・在宅サービスの相談援助職の方
内容
時下ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。
平成30年度の医療・介護保険制度同時改訂にむけて、今後の動向に皆様も注目されているところではありますが今年度も医療と介護の連携に資するよう、現状や課題を共有する機会を設けたいと思います。
国が目指す地域包括ケアシステムの構築に向けて、在宅医療・介護を推進するため、より一層地域における医療・介護の連携が重要となります。
そこで今年度は障害基幹相談支援センター、仕事・暮らしサポートセンター、社会福祉士会、市民後見人をお招きし、その役割を理解し8050問題を中心にその家族のサポートについて考えたいと思います。
同じ地域のみならず、地域を越えた医療機関・介護サービス事業所の相談援助職同士が相互理解を深める機会ですので、ご多忙の折とは存じますが、是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

日 時 :平成30年2月6日(火)13:30~16:30(受付 13:00)

場 所 :名古屋市医師会館6F 名古屋市東区葵1-4-38(地下鉄東山線新栄駅2番出口より徒歩5分)
※ 医師会館の駐車場は使用できません。必ず公共交通機関でお越し下さい。やむをえずお車でお越しの際は、近隣の有料駐車場をご利用下さい。

タイムスケジュール :(予定)
13:00~ 受付
13:30~ 開会
13:40~ 事例検討・グループワーク・シンポジウム (途中 休憩あり)
      事例①~介護離職した50代息子の生活支援と認知症80代親の施設生活の支援~
      事例②~知的障害のある50代娘の生活支援と入院中の認知症80代親の施設入所に向けた支援~
      シンポジスト
      伊藤哲郎氏 名古屋市仕事・暮らし自立サポートセンター金山
      儀保高雄氏 南区障害者基幹相談支援センター
      近藤芳江氏 愛知県社会福祉士会 愛知ぱあとなあセンター
      八田修一氏 名古屋市市民後見人
      コーディネーター
      高橋健輔氏 名古屋市成年後見あんしんセンター
16:00~ 総括
16:30  終了

参 加 者:①地域連携や退院支援などの相談援助に従事しておられる方
        ②居宅介護支援の介護支援専門員、施設・在宅サービスの相談援助職の方

定    員:60 名 ※ただし、定員を上回るお申し込みがあった場合、事務局より1事業所あたりの参加者数の調整をお願いする場合があります。ご了承下さい。

参 加 費:無料

申込期限:平成30年1月23日(火)までにお申し込みください。


詳しくは下記PDFをご覧ください。


<お問い合わせ>
名古屋市介護サービス事業者連絡研究会 事務局(並河・宮丸・佐藤)℡(052)253-6758
 
  会員限定のため、ログインしてからお申込みください。

NEXT:他の例会・部会・研修情報を見る

4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5

初めての方はまずこちらより
ご登録ください。

名古屋市介護サービス事業者自己評価入力フォーム